2018-09-19

NHKガッテン秋号

現在発売中の雑誌「NHKガッテン秋号」(主婦と生活社、820円)、テーマは「体も心も老けない新『呼吸法』」。

こちらの本に本間チームの最新の研究成果も含めた19ページに渡る特集が組まれています。

 

この内容は4月にテレビで放送されたものをもとに、さらに取材していただきまとめられたものです。

「老けない呼吸」とは、普段の呼吸がゆったりとしたものであること。呼吸数が減ることで、以下のような効果があります。

・血圧低下

・肩こり改善

・冷え改善

・快眠

・ストレス軽減

すごい効果ですよね!

 

加齢やストレス、また姿勢が悪いことによって、呼吸が浅く速くなりがちです。すると呼吸筋も硬くなり、ますます悪い呼吸に・・・

 

仕事柄、人の呼吸を見てしまう私ですが、本間先生の学長室に来られる方は「呼吸が速いなあ」と思う方が多いです。緊張しているせいだと思いますが、部屋に入る前に一度ゆっくり息をして、呼吸を整えてから入ると落ち着いてお話できるかもしれないですね。

 

普段の呼吸を「良い呼吸」にするには、やはり呼吸筋ストレッチ体操です(本では肺ストレッチと紹介されていますが、同じ体操です)。

呼吸筋ストレッチ体操については「NPO法人安らぎ呼吸プロジェクト」のHPでも簡単に紹介されています。

https://yasuragi-iki.jp/breath/?h=stret

 

呼吸筋ストレッチ体操は呼吸筋をやわらかくし、息苦しさも改善されます。

本にも写真入りで詳しく説明されていますので、ぜひご覧ください。

2018-09-04

産経新聞に掲載されました

本日9/4の産経新聞(全国版)生活面に本間先生の記事が掲載されました。

先日出版された「すべての不調は呼吸が原因」(幻冬舎新書)への取材だったのですが、とてもインパクトのある内容とのことで、記事に大きく取り上げていただいています。

 

最近よく聞く「人生100歳時代」というワード。長寿は素晴らしいことですが、それも健康あってこそ。食事や運動に気を付けるように、呼吸にも気を付けると健康寿命も延びるのではないでしょうか。

 

誰もが毎日欠かさずしている呼吸。良い呼吸を身に付けるだけで心と体が元気になるのですから、やらないなんてもったいない!しかもお金もかからず場所も選びません。ぜひ良い呼吸を身に付けましょう。