2018-05-14

第5回ベーシックコース講習会を開催しました

5/12(土)、東京茅場町にて第5回となる「ドクター本間の呼吸筋ストレッチ体操 ベーシックコース講習会」を開催いたしました。

 

今回も本間先生による呼吸の講義から始まります。呼吸のメカニズム、脳と呼吸の関係について学び、呼吸筋ストレッチ体操の3つの効果をお伝えします。

 

  1. 息苦しさの軽減→胸がスッキリ
  2. 肺機能の改善→老化予防
  3. 情動・気分の安定→不安の解消

 

後半は永井猛先生による呼吸筋ストレッチ体操の実践、指導です。永井先生の声に合わせて参加者の皆さんで呼吸を意識しながらストレッチ。だいたい出来ているように見えましたが、永井先生がひとりひとりポーズをチェックしながら指導すると、「呼吸が深くなった」「ストレッチが効いている」などの声があがり、効果を実感されたようです。

 

自分ひとりだと出来ているのかどうか分からないかもしれませんが、直接指導を受けると「この感じか!」というのが分かると思います。呼吸筋ストレッチ体操の効果を確実に実感するために、どうぞ講習会にご参加いただき、心身の健康にお役立てください。今後の予定は決まり次第、お伝えいたします。

2018-05-10

The Japan Newsに掲載されました

5月6日付の読売新聞英字紙「The Japan News」に本間先生の活動が紹介される記事が掲載されました。

 

タイトルは「Specialist develops new respiratory exercise that gives mind a breather(呼吸の専門医が心まで元気にする呼吸体操を開発)」。

 

東日本大震災後、子どもの心のケアとして東北の小学校で呼吸筋ストレッチ体操を指導、京都の社会福祉施設で高齢者に呼吸筋ストレッチ体操を指導、また本間先生が学長を務める東京有明医療大学と姉妹校になっているモンゴルの学校で本間先生が講演した際、現地の子どもたちにラッタッタ呼吸体操(呼吸筋ストレッチ体操)を指導したことをきっかけに、今後モンゴルで呼吸筋ストレッチ体操を広める活動を予定していることなどが紹介されています。

 

The Japan News web site

http://the-japan-news.com/news/article/0004410849

 

モンゴルでは現地の指導者が子どもたちに呼吸筋ストレッチ体操を指導している様子がテレビで放送されたりと、かなり広まっているようです。モンゴル・ウランバートルでは大気汚染の問題がありますので、息苦しさの改善や肺機能の改善の効果のある呼吸筋ストレッチ体操は是非とも取り入れてもらいたいと思います。

 

日本にとどまらず、世界でも注目され始めている本間先生の研究。どんどん広がっています。