2016-12-26

新刊のお知らせ「マインドフルネスのすべて」

前回に続き新刊のお知らせです。タイトルは「マインドフルネスのすべて-『今この瞬間』への気づき-」(丸善出版 2,600円+税)。

 

マインドフルネスをご存じでしょうか。テレビや本などで取り上げられているのでご存じの方もいらっしゃると思いますが、マインドフルネスとは「今の瞬間」に注意を向け、思考や感情にとらわれずにいる状態のことです。主に瞑想をすることによってそのような状態にしていきます。マインドフルネスを続けると集中力が付く、創造性が高まるなどの効果があるといわれていて、Googleが社員にマインドフルネスのプログラムを行っていることで話題になりました。

 

この「マインドフルネスのすべて」はもともと「Fully PRESENT」という本を翻訳したものです。なぜ本間先生が「Fully PRESENT」を訳したかといいますと、この本の中に本間先生の呼吸の論文を引用した箇所がありそれをきっかけに読んでみると、「マインドフルネス」とは結局のところ「呼吸」だ!と先生は確信したのです。内容も科学的、心理的の両面から検証されていて今までのマインドフルネス関連の本にない内容でしたので是非翻訳したい!という先生の熱い想いが実現しました。実はこの企画、5年ほど前に一度出たのですが、その時は今ほどマインドフルネスが認知されておらず実現しませんでした。ようやく出版されとてもうれしいです!

 

目次をご紹介します。

  1. マインドフルネスとは何か?
  2. はじめに
  3. 呼吸への意識 呼吸の重要性
  4. マインドフルに向けて 身体と意識
  5. 痛みに対する取り組み
  6. 嫌な気分 ネガティブ感情に対処する
  7. よいことを感じ、幸福を見つける
  8. 注意を払う、でもどうやって?
  9. ストレスとなる思考
  10. マインドフルネスを阻害するもの
  11. マインドフルネスの実践

 

かなり読み応えあります。冬休みにじっくりといかがでしょうか。

 

写真は訳者4名でのショットです。左下本間先生、右下中野美奈先生、左上下山晴彦先生、右上政岡ゆり先生です。

2016-12-16

新刊のお知らせ「情動と呼吸」

今月相次いで2冊の本が出版されましたのでお知らせします。

まずは「情動と呼吸 -自律系とこころ-」(朝倉書店 3,200円+税)。こちらは「情動学シリーズ」全10巻のうち、6巻目として出版されました。

 

目次をご紹介します。

1.情動と呼吸 本間生夫(東京有明医療大学)

2.自律神経と情動 桑木共之(鹿児島大学大学院)

3.香りと情動 政岡ゆり(昭和大学医学部)

4.伝統的な呼吸法

座禅 高田明和(NPO食と健康プロジェクト)

太極拳 楊玲奈(日本健康太極拳協会)

ヨーガ 番場裕之(日本ヨーガ光麗会)

5.補章 呼吸法の系譜 帯津良一(帯津三敬病院)

 

専門家向けの書籍となっていますが、呼吸法のページは座禅・太極拳・ヨーガなど馴染みのある内容です。取り組んでいらっしゃる方には興味深い内容ですのでぜひお読みください。

 

現在「情動学シリーズ」はこの6巻まで発売されていますが、10巻まで順次発売される予定です。シリーズの構成は以下のようになっています。

 

1巻 情動の進化-動物から人間へ-

編集者 慶応大学 渡辺茂 麻布大学 菊水健史

 

2巻 情動の仕組みとその異常

編集者 広島大学 山脇成人 富山大学 西条寿夫

 

3巻 情動と発達・教育-子どもの成長環境-

編集者 学習院大学 伊藤良子  富山大学 津田正明

 

4巻 情動と意思決定-感情と理性の統合-

編集者 東京都医学総合研究所 渡邊正孝

京都大学 船橋新太郎

 

5巻 情動と運動-スポーツとこころ-

編集者 名古屋市立大学 西野仁雄 筑波大学 中込四郎

 

6巻 情動と呼吸-自律系とこころ-

編集者 東京有明医療大学 本間生夫

帯津三敬病院 帯津良一

 

情動と食-適切な食育のあり方-

編集者 味の素(株)二宮くみ子 玉川大学 谷和樹

 

情動とトラウマ

編集者 国立成育医療研究センター 奥山眞紀子

慶応義塾大学 三村將

 

情動と犯罪

編集者 NPO法人性障害専門医療センター 福井裕輝

岡田クリニック 岡田尊司

 

情動と言語・芸術

編集者 東北大学 森悦郎 慶応義塾大学 川畑秀明

 

もう1冊の新刊は次回お知らせします!

2016-12-04

NIKKEIプラス1

12/3の日経新聞土曜版NIKKEIプラス1に本間先生が取材された記事が掲載されました。

 

タイトルは「息切れしやすいと感じたら」。以前より息切れしやすい、呼吸が浅いと感じている方は要チェックです。本間先生は呼吸筋を柔らかくすることで呼吸が楽になると言います。呼吸筋を柔らかくするのに有効なのが「呼吸筋ストレッチ体操」なのですが、以前もNIKKEIプラス1で取材を受けた際に「呼吸筋ストレッチ体操」を取り上げていただいたため、今回は残念ながら割愛となってしまいました。

 

呼吸筋ストレッチについてはNPO法人安らぎ呼吸プロジェクトのHPをご覧ください。

http://yasuragi-iki.jp/breath/