2014-06-02

呼吸スイッチ

この度、本間生夫先生の新しい著書「心と体をラクにする呼吸スイッチ健康法」が発売になりました。

 

疲れやすい、眠れない、肩こり、冷え、便秘など、なんとなく調子が悪いときがありますよね。このような体の不調、もしかして「呼吸」が関わっているかもしれません。そしてもちろん「呼吸」と「心」はつながっています。何度もご紹介しているように、ストレスや不安などネガティブな気持ちだと呼吸は浅く速くなり、心が落ち着いていると呼吸は深くゆっくりしています。この本では呼吸のメカニズム、なぜ息苦しさを感じるのか、なぜ呼吸を変えると心が変わるのかなど、イラストやデータを用いながら詳しく解説されています。

 

この「呼吸スイッチ健康法」、呼吸筋ストレッチ体操についても詳しく書かれています。いつも本間先生の活動のお手伝いをしてくださるインストラクターの杉本咲さんがモデルとなり、体操をしている写真がたくさん載っています。また「シーン別&気持ち別呼吸スイッチ・プログラム」というページがあり、例えば「寝起きが悪くてつらい朝」「なかなか眠れない夜」「ささいなことでイラッとする」などのときに有効なストレッチ体操が載っていて、これはかなり参考になりそうです。

 

以前の私は「呼吸」を特に意識したことはありませんでしたが、本間先生のお仕事を手伝うようになり「呼吸」が体や心に及ぼす影響を知り、「呼吸」は健康の要だ!と思うようになりました。多くの方が「良い呼吸」によって心身ともに健康な日々を過ごせるよう、この本がお役に立てることを本間先生は願っています。

 

興味のある方はぜひ書店にてお求めください。

 

「心と体をラクにする呼吸スイッチ健康法」

大泉書店

定価1,300+