2017-06-08

歴史ヒストリアに出演します

本間先生のテレビ出演情報です。

明日6/9(金)午後8時から放送のNHK「歴史ヒストリア」に本間先生が出演します。

テーマは「舞う 逃げる 謝る 信長のピンチ脱出術」。そう、織田信長がテーマなのです。

 

なぜ織田信長のテーマに科学者の本間先生が・・・?

出演依頼がきたときは正直私も不思議でした。でもそこには「呼吸」から見えてくる信長の心があるのでした!これ以上は言えません・・・(私も見ていませんので)

ぜひ明日の放送をご覧ください!

 

歴史ヒストリアHP

http://www4.nhk.or.jp/historia/

 

2017-04-05

シュリシュリ氏と対談

昨日インドのヨガマスター、シュリシュリ氏との対談が行われました。

400名ほどが入る会場でしたが事前申し込みでほぼ満席、当日いらした方を断るかどうかを事務局スタッフが検討するほどの盛況ぶりでした。

 

会場の参加者を見回すと、どうやらヨガ関係の人、シュリシュリ氏のお話を聞きに来た人が多く、本間先生にとっては若干アウェーな感じも。でも講演会が始まるとそれは杞憂だったことがすぐに分かりました。先生による呼吸と感情についてのお話では皆さんメモを取ったりスライドを写したりと、大変熱心に聞き入っていらっしゃいました。

 

本間先生の講演の後はシュリシュリ氏のお話と瞑想の実践です。私もマインドフルネスを知ってから瞑想を行うことがありますが、シュリシュリ氏のガイドによる瞑想はとても心地よく、自然に瞑想に集中していました。きっと参加者の皆さんは呼吸によって心身が変わることを体で知っていて、だからこそなぜ変わるのかを知るために本間先生の話を聞きに来たのだと思いました。

 

その後はお二人の先生が参加者の質問に答える形で対談が進んでいきましたが、挙手する人の多いこと!対談終了後も本間先生に質問したい人が列をなし、なかなか解放されないのでした。

 

対談のタイトルは「呼吸とこころ 深いつながり」。呼吸は誰でも当たり前に身につけているのですが、本当に奥が深いのです。

2017-04-01

祝・学長就任

本日4月1日より、本間先生が東京有明医療大学の学長に就任されました。前学長の佐藤先生の後を引き継ぎ、2代目の学長となります。東京有明医療大学は今年で開校して9年目の新しい大学です。これまでの先生の豊富な経験をもとに、ますます魅力的な大学に発展していくことでしょう。

 

東京有明医療大学HP

https://www.tau.ac.jp/

 

さて記念すべき今日、朝日新聞土曜版に先生が取材を受けた記事が掲載になりました!「意識的にゆっくり、大きく呼吸することで、感情が落ち着き、ストレスが解消していき、リラックスできます」と話しています。

 

今日から新しい生活がスタートする方も多いと思います。呼吸を上手に使って心身ともに健康でいきましょう!

2017-03-23

美的に掲載

昨日に続き、今日も雑誌掲載のお知らせです。

 

今回もまた女性誌、「美的」5月号です。若い女性向けの美容に関する内容がメインの雑誌ですので、an・an同様今まであまり縁がありませんでしたが、「呼吸」は老若男女問わず、ですからね。

 

若い人は普段「息苦しい」と感じることはあまりないかもしれませんが、長時間スマホやパソコンの操作をしていると呼吸が浅くなっていることがあります。浅い呼吸は体や気分の不調につながっていきます。ときどき姿勢を正して深呼吸をすると胸も気分もスッキリしますよ。

 

「呼吸筋ストレッチ体操」を紹介しているページもありますので、デスクワークの合間にやってみてください。おすすめです。座りながらでもできますよ。

2017-03-22

an・anに掲載

本日3/22発売のan・anに本間先生が取材を受けた内容が掲載されています。

 

テーマは「呼吸と体幹」。

「体幹を鍛えよう!」というフレーズ、最近よく耳にしますが、呼吸にとっても筋肉の働きはとても重要です。「体幹」とセットで特集するところがさすが若い女性向けの雑誌ですね。

胸の筋肉がほどよく鍛えられていれば「良い姿勢」→「良い呼吸」→「心と体の健康」とつながっていきます。

 

普段から呼吸筋ストレッチ体操を実践し、深い呼吸を意識している私ですが、体幹トレーニングのページに載っていたポーズをやってみました。体の側面を床に付け、そのまま腰を持ち上げて肘と足首のあたりで体を支えるポーズです。姿勢を崩さずにできました!「良い呼吸」は体幹にも良さそうです。

2017-03-14

講演会のお知らせ

本間先生が登壇する講演会についてご紹介します。

 

2017年日印友好交流年記念事業 特別対談

「呼吸とこころ 深いつながり」

 

日時 2017年4月4日(火)

開場 18:00 開演18:30 終演20:30(予定)

 

場所 東京大学国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール

(東京都文京区本郷7-3-1)

 

対談のお相手はインドを代表するヨガの大御所、シュリシュリ・ラヴィ・シャンカールさん。シュリシュリさんは世界各国でヨガ・瞑想・呼吸法を指導していらっしゃいます。そして呼吸生理学の権威であり、呼吸と情動の研究を続けている本間先生。同じテーマをそれぞれ伝統と科学から追っているお二人の貴重な対談になること間違いありません!

 

このイベントに参加を希望される方は以前の申込が必要になりますので、以下のHPからお申込みください。

 

https://www.artofliving.org/jp-ja/srisrijapan/Tokyo#WeekendProgram

 

2017-03-11

産経新聞に掲載

本日3/11の産経新聞に先日盛岡で行われた「心をつなごう日本 東北復幸祭2017」の模様が掲載されました。

 

東日本大震災から今日で丸6年。復興が進んでいるとはいえ、避難されている方や仮設住宅に暮らしている方など、不便な生活を強いられている方はまだまだたくさんいらっしゃいます。復幸祭に来てくださったお客様の中にもそのような方がいらっしゃったと思います。

 

イベントで講演された三陸花ホテルはまぎくの社長、千代川茂さんも被災されたお一人。経営されていたホテルは津波で全壊されたとのことですが、なんと震災から2年半後には営業を再開されたそうです。穏やかな口調で語る千代川さんからは想像できないようなお話でした。

 

お話を聞いて何かを感じたり、歌を聞いて一緒に歌って元気になったり、呼吸筋ストレッチ体操をして不安な気持ちが和らいだり。人と一緒に、人に寄りそう、そう思いながら1か月前のイベントを思い出しました。

2017-02-14

東北復幸祭2017ご報告

先日お知らせした「第6回心をつなごう日本 東北復幸祭2017」ですが、2/11(土)に開催され無事終了しました。私たちNPO法人安らぎ呼吸プロジェクトは第3回から参加していますが、初めて参加したのが盛岡でした。今回また盛岡での開催とのことで、3年前を思い出しながら盛岡へ向かいました。

 

私たちが行う「安らぎ呼吸ワークショップ」ではまず本間先生による呼吸と心の関係についてのお話がありました。緊張していたり、何か不安なことがあったりすると呼吸が浅く速くなっていることに気づいたことがあると思います。「落ち着こう」と思ってもなかなかうまくいかないことも。そんなときはゆっくりと深呼吸。例えば船にはアンカー(いかり)があり、荒れた海でもアンカーを落とせば船は流されません。つまり呼吸は私たちの心と体のアンカーというわけです。

 

次はラッタッタ呼吸体操の実演です。体操実演ではインストラクターSahoさんのリードのもと地元盛岡市の子どもたち18名、東京有明医療大学の学生25名がステージに上がってラッタッタ呼吸体操を披露してくれました。最後は1000名以上いらっしゃる会場の皆さまと一緒にラッタッタ呼吸体操!ステージ、会場が一体となる姿は今回も本当に興奮しました。

 

このほか「岩手・内陸避難者の今」(盛岡市記録誌)の朗読、三陸花ホテルはまぎくの千代川 茂さんによるスピーチ、モーニング娘。OG(保田圭さん、石川梨華さん、吉澤ひとみさん)によるコンサートと、盛りだくさんの内容でした。特にモーニング娘。OGさんによるコンサートではヒット曲をたくさん披露してくださり、会場は笑顔笑顔の大盛り上がりでした!

 

主催の産経新聞社さんは今なお復興への道のりを歩んでいる人たちに寄り添い、復興に必要なことは何かを皆さまと共に考え、行動を起こすべくこのイベントを企画されています。「明日からまた笑顔でがんばろう!」と思えたら、またそのお手伝いができれば、とても素敵なことだと思います。

 

このイベントの模様は3/11の産経新聞に掲載される予定ですので、どうぞご覧ください。

2017-02-06

健康カプセル!ゲンキの時間

2/5(日)に放送された「健康カプセル!ゲンキの時間」に本間先生が出演しました。

テーマは「巻き肩」。巻き肩とは両肩が前に出て内側を向いている状態で、姿勢が悪いだけでなく、肩こりや冷え性などの原因にもなるそうです。

 

番組HP

http://hicbc.com/tv/genki/

 

そして姿勢の悪さは呼吸にも影響します。巻き肩の場合、胸が圧迫されるので呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると呼吸数が増えてきます。本間先生の研究によると、呼吸のリズムと感情を司る中枢は同じところにありますので、速い呼吸は不安などのネガティブな感情を引き起こしてしまいます。

 

そこで番組では巻き肩解消のストレッチと呼吸筋ストレッチ体操を紹介していました。番組では呼吸筋ストレッチ体操の中の1つだけ紹介していましたが、ほかにもいくつかありますのでぜひお試しください。まず胸がスッキリするのを実感すると思います。そして自然に深くゆっくりとした呼吸になり、気持ちも落ち着いてきますよ。

 

安らぎ呼吸プロジェクトHP

http://yasuragi-iki.jp/breath/?h=stretch

2017-02-02

産経新聞に掲載!

数日経ってしまいましたが、1/30(月)の産経新聞に私たち「安らぎ呼吸プロジェクト」の活動が紹介されました。

インターネットニュースはこちら

http://www.sankei.com/life/news/170130/lif1701300006-n1.html

 

この活動は高齢者施設に通う平均年齢80歳の方々に「呼吸筋ストレッチ体操」を行ってもらい、肺機能や不安感の動きを調べたものです。

 

呼吸筋ストレッチ体操には3つの効果があります。

 

  1. 息苦しさの軽減(胸がスッキリ)
  2. 肺機能の改善(老化予防)
  3. 気分の改善(不安感の軽減)

 

週に一度体操をしてもらい、半年ほど経過をみていきましたが、肺活量の向上、肺機能の改善、不安感の軽減などの効果がありました。一度の体操でも効果がありましたが、続けて行うことで、もともとの数値も良くなることが分かりました。

 

また他のグループではいけばなを実施。こちらのグループでは気分の改善のほか、創造性も上がっていました。

 

このさき本格化する高齢化社会に向けて、介護予防に役立てるべくこれからも体操を広めていきたいと思います。